近刊検索 デルタ

8月3日発売予定

東洋経済新報社

水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
真の自立のため人々は立ち上がった!
福島からエネルギー革命が始まる!!

新規大型ダムを建設しなくても、既存ダムの潜在能力を発揮させれば水力発電量が2~3倍に。
安定的な再生可能エネルギーを確保し、
地元経済を活性化し、
100年後の日本に大きな富を残す
――夢のプロジェクトが動き出した! 

福島のみならず日本を救う「ふくしまモデル」を実現するために国民一人ひとりができることとは?

ベストセラー『水力発電が日本を救う』実践編。


【主要目次】
プロローグ 日本の水力革命は福島から始まる
第1章 なぜ福島は水力増強を実践するのか
第2章 ダムを増やさずに水力発電を増やす竹村理論とは
第3章 竹村理論の実践で浮かんだ問題点
第4章 竹村理論を実現するための解決策
エピローグ 子供たちに幸せな郷土と国を遺すために
目次
プロローグ 日本の水力革命は福島から始まる
第1章 なぜ福島は水力増強を実践するのか
第2章 ダムを増やさずに水力発電を増やす竹村理論とは
第3章 竹村理論の実践で浮かんだ問題点
第4章 竹村理論を実現するための解決策
エピローグ 子供たちに幸せな郷土と国を遺すために
著者略歴
竹村 公太郎(タケムラ コウタロウ)
竹村 公太郎(タケムラ コウタロウ) 元国土交通省河川局長 1945年生まれ。1970年、東北大学工学部土木工学科修士課程修了。同年、建設省(現国土交通省)入省。以来、主にダム・河川事業を担当し、河川局長などを歴任。2002年、国土交通省退官後、リバーフロント研究所代表理事を経て現在は研究参与。日本水フォーラム代表理事。2017年から福島水力発電促進会議座長も務める。2017年度土木学会賞(功績賞)受賞。著書に『水力発電が日本を救う』(東洋経済新報社)のほか、『日本史の謎は「地形」で解ける』(PHP文庫)シリーズなどがある。
福島水力発電促進会議(フクシマスイリョクハツデンソクシンカイギ)
福島水力発電促進会議(フクシマスイリョクハツデンソクシンカイギ) 2017年6月発足。竹村公太郎の著書『水力発電が日本を救う』の理念に基づき、既存ダムへの発電設備新設や嵩上(かさあ)げなどで水力発電の潜在力を引き出し、福島県再生可能エネルギー推進政策へ貢献することを目指す。あわせて、地元企業の事業参入により水源地域をはじめとする県内の雇用・経済波及効果の創出も図る。県内の政財界関係者で構成。竹村公太郎が座長、望木昌彦(尚志学園理事長)、甚野源次郎(公明党県本部議長)、佐藤勝三(ふくしま未来研究会代表理事)の3人が共同代表。佐藤憲保(福島県議会議員)、瓜生信一郎(同)、今井久敏(同)のほか、福島県エネルギー課長および東北電力・東京電力の担当者がオブザーバーで参加。県内での実践を踏まえ、「ふくしまモデル」として全国に波及させることも目指す。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。