近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
かけ声倒れで終わるのか 日本の仕事のあり方を変えるのか。 本格化する議論の最先端を追う! 3月末に政府「働き方改革実現会議」がまとめた実行計画にもとづき、 関連法の改正に向けての国会での議論がこの秋から始まる。 生産性向上や非正規社員の処遇改善といった「総論」に反対する人はほとんどいないだろう。 しかし様々な立場、利害の異なる人たちが関わるため、 各所で異論、不満、不安の声が噴出している。 「本当は残業してでも思いっきり働いて成長したい」 「自ら非正規を選んだのに、処遇改善で責任が重くなっては元も子もない」…… 働く現場、経営者、人事・採用担当者、法制度を管轄する役所など、 幅広い取材にもとづき、「働き方改革」のこれからを丁寧に読み解く。 ◎本書の主な内容 -「モーレツ社員」がいてもいい -名ばかり「一億総活躍」につのる不満 -変わらぬマネジメントの意識 -「電通問題」が残したもの -改革推進に透ける労使の打算 -現場の叫び「だから残業が減らない! 」 -女性・シニアに「補欠」はない -なぜ雇用改革は進まないのか -同一労働同一賃金の迷路 -目指すは成長。本当に始まった人材大移動 ほか
目次
1章「働き方改革」に足りない視点 2章 公正な評価と脱長時間労働 3章 会社に縛られない、社員を縛らない 4章 働くルール改革を検証する 5章 提言・働き方改革

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。