近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「数字に表れない情報」の伝え方による選別が始まった。 9割の企業が「ノー」を突きつけられるかも!

◆儲けるだけではノーを突きつけられる
 コーポレートガバナンス、スチュワードシップ、ESG――世界はいま1つの大きな流れを加速させています。キーワードは社会から「選ばれる企業」。雇用や社会の発展への寄与、環境・貧困・犯罪問題への対応など、グローバル社会の安定維持と持続的成長に、どのように貢献しているか? 社会的存在としての価値を継続的に増大させているか? これらを基準に投資先や製品・サービスを選別する動きが活発化、対応できない企業はやがて淘汰される時代を迎えようとしているのです。
 日本で進むガバナンス改革も、この大きな流れの中にあります。例えば、巨額資金を持つ欧米の機関投資家は、ほとんどが企業に長期的成長と持続的な社会貢献を求め、それを基準に選別する投資スタイルを持っています。制度改革に汲々とし、おざなりな対応をしていたのでは、やがてこうしたうねりに飲み込まれ、(株式、製品・サービスの)2つの市場からの撤退を余儀なくされるかもしれません。

◆これから企業はどのように対応していくべきか?
 本書は、グローバル展開するコンサルティング会社の日本人スタッフが、過去20年以上にわたる企業、投資家等へのヒアリングなどを踏まえ、その核となる、①見えざる資産(Intangibles)、②存在意義(Materiality)、③社会から課せられた責任(Responsibility)、④グローバル社会への貢献(Outcome)の4つのポイントで整理。さらに先進企業の実際の取り組みを紹介するものです。自社の見えない資産までをどう評価し、表現・アピールすればよいのか。ステークホルダーとの関係をどのように構築すべきか。激変するグローバル社会のなかで生き残っていくために必要な考え方を提供します。
目次
Ⅰ 企業価値の源泉――比重高まる「見えざるもの」Intangibles

Ⅱ 問われる存在意義――マテリアリティMateriality

Ⅲ 社会から課せられた責任――Responsibility

Ⅳ アウトカム(成果)を生み続ける企業――Outcome

ケーススタディ 先を行く企業たち――消費財の巨人、ユニリーバの事例
著者略歴
KPMGジャパン 統合報告センター・オブ・エクセレンス(ケーピーエムジージャパントウゴウホウコクセンターオブエクセレンス)
国際的な監査・税務・アドバイザリーサービスを提供するKPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームで、あずさ監査法人などで構成。統合報告に代表される企業情報の開示の在り方、ステークホルダーとの関係構築による企業価値創造などの領域における先進的な研究・助言に定評がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。