近刊検索 デルタ

2017年9月26日発売

日本経済新聞出版社

Q&A民法改正の要点 企業契約の新法対応50のツボ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
契約書は大丈夫か? 実務に影響のある改正点を抽出してQ&A形式で解説。 「何をどう変えるべきか」が、 すぐわかる! ・改正点は200項目に及び、契約などのルール変更も盛り込まれた。2005年に会社法が成立して以来の大きな影響があ るとされています。 ・立案過程を知り尽くした編者と企業法務のプロが執筆。企業の立場から「改正民法(債権法)」をわかりやすく解説しまし た。 ・改正法のポイントをQ&A形式で解説しているので、圧倒的に読みやすい! ・契約書の書き換えなどは具体例を使って、ていねいに解説。「いつまでに、どのように対応すればよいか」がわかります 。企業の法務・総務部門、契約に関わる営業担当者必読!
目次
第1章 民法改正総論 第2章 契約一般のツボ 第3章 定型約款のツボ 第4章 売買契約のツボ 第5章 請負契約・賃貸借契約のツボ 第6章 各種契約のツボ 第7章 融資・保証のツボ 第8章 債権回収対応のツボ 第9章 消滅時効のツボ
著者略歴
松尾 博憲(マツオヒロノリ)
長島・大野・常松法律事務所弁護士。2004年東京大学法学部卒業。2005 年第一東京弁護士 会登録。2009 年7月より法務省民事局に勤務し、民法(債権法)改正の立案作業を担当。専門 分野はバンキング、プロジェクトファイナンス、不動産取引等。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。