近刊検索 デルタ

2017年9月20日発売

日本評論社

現代情報社会におけるプライバシー・個人情報の保護

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
現代社会が抱えるプライバシー・個人情報保護に関して、アメリカの議論、技術的内容や最新の状況を踏まえた上で総合的に検討する。
目次
はしがき 本書の構成 序章 プライバシー・個人情報保護の基本動向と課題  1 現代情報社会におけるプライバシー・個人情報の保護  2 プライバシー権に関する基本動向と課題  3 個人情報保護法制に関する基本動向と課題 第1部 情報プライバシー権の基礎理論 --- 日米比較法研究 第1章 情報プライバシー権をめぐる我が国における議論状況  1 はじめに  2 憲法学における議論状況  3 民法学における議論状況  4 情報法学における議論状況  5 おわりに 第2章 情報プライバシー権に関する初期の学説  1 はじめに  2 ウィリアム・M・ビーニーの見解  3 アラン・F・ウェスティンの見解  4 チャールズ・フリードの見解  5 アーサー・R・ミラーの見解  6 考察  7 おわりに 第3章 情報プライバシー権に関するプロパティライツ理論の意義と限界  1 はじめに  2 プロパティライツ理論の概要  3 プロパティライツ理論の根拠  4 ローレンス・レッシグの見解  5 プロパティライツ理論の課題  6 プロパティライツ理論の展開 --- 新シュワルツ説  7 考察  8 おわりに 第4章 情報プライバシー権と表現の自由の関係  1 はじめに  2 アメリカにおける議論状況  3 情報プライバシー権と表現の自由の関係に関する検討  4 おわりに 第5章 情報プライバシー権の基礎理論に関する考察  1 はじめに  2 情報プライバシー権の法的性質論 --- 人格権説と財産権説  3 情報プライバシー権の価値論 --- 法的性質論から価値論へ  4 おわりに 第2部 プライバシー・個人情報保護の現代的課題 第1章 クラウド・コンピューティングにおける個人情報の保護  1 はじめに  2 改正個人情報保護法の概要  3 クラウド事業者が切片化した情報の個人情報該当性  4 個人データの委託と第三者提供  5 クラウド事業者の個人情報取扱事業者該当性  6 クラウド・コンピューティングと国境を越える個人情報の移転  7 おわりに 第2章 バイオメトリクス認証におけるプライバシー・個人情報の保護  1 はじめに  2 バイオメトリクス認証におけるプライバシー問題の発生  3 バイオメトリクス認証とプライバシー権  4 バイオメトリクス認証と個人情報保護法制  5 おわりに 第3章 ビッグデータ時代におけるプライバシー・個人情報の保護  1 はじめに  2 プライバシー・個人情報保護に関する基本的な考え方 --- 対立する要請の調和  3 保護の対象となる情報 --- 個人情報・プライバシー情報・パーソナルデータ  4 分かりやすい表示・説明と実質的な本人同意  5 匿名化による利活用の可能性と法的課題  6 おわりに 第4章 プライバシー影響評価(PIA)に関する国際的動向と我が国における課題  1 はじめに  2 PIAに関する国際的動向  3 我が国におけるPIAの課題  4 おわりに
著者略歴
村上康二郎(ムラカミ コウジロウ)
東京工科大学教養学環准教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。