近刊検索 デルタ

2017年9月27日発売

日本評論社

経済数学入門 初歩から一歩ずつ

初歩から一歩ずつ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
抽象的で難解になりがちな経済数学の基礎を、身近な例と豊富な図解で、直感的わかりやすく、中学数学レベルからじっくり解説。
目次
第1章 数と計算 1-1 数と数式 1-2 有理数と計算 1-3 実数と指数法則 第2章 因数分解と方程式 2-1 展開と因数分解 2-2 方程式 2-2 2次方程式 第3章 関数とは何か 3-1 関数とそのグラフ 3-2 1次関数 3-3 2次関数 第4章 関数の最大化 4-1 関数の最大と最小 4-2 関数の増減と最大値の図解 第5章 分数関数と無理関数 5-1 分数関数 5-2 無理関数 第6章 関数の生成と逆関数 6-1 新しい関数を作る 6-2 逆関数とそのグラフ 6-3 限界費用曲線と供給曲線 6-4 合成関数 6-5 制約があるときの最適化問題 6-6 連立方程式と接線 第7章 数列とその極限 7-1 数列とは何か 7-2 等差数列 7-3 等比数列 7-4 割引現在価値 7-5 複数の足し算Σ 7-6 数列の極限 7-7 利子とネイピア数 第8章 指数・対数関数 8-1 指数法則と累乗根 8-2 指数関数 8-3 対数関数 第9章 微分とは何か 9-1 関数の極限 9-2 連続性と最大値 9-3 物体の落下と微分 9-4 微分の定義 9-5 多項式関数の微分 第10章 微分の応用 10-1 微分と接線 10-2 微分の経済学への応用 10-3 積と商の微分 10-4 逆数の微分とべき乗の微分 10-5 微分と関数の増減 10-6 合成関数の微分 第11章 2階導関数と2階の条件 11-1 指数関数の微分 11-2 逆関数定理 11-3 対数関数の微分 11-4 2階微分と関数のグラフの凹凸 11-5 極大と極小 第12章 2変数関数と偏微分 12-1 3次元空間と2変数関数 12-2 2変数関数の微分と偏微分 12-3 2階偏微分 第13章 2変数関数の微分 13-1 2変数の微分 13-2 無差別曲線と消費選択 13-3 陰関数定理 13-4 消費者の効用最大化問題 13-5 限界代替率とその逓減 13-6 2種類の生産要素をもった企業の利潤最大化 練習問題の解答
著者略歴
丹野忠晋(タンノ タダノブ)
拓殖大学政経学部教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。