近刊検索 デルタ

2017年9月22日発売

日本評論社

北陸地方創生と国際化・イノベーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
製造業を中心に、各種産業集積を擁する北陸地方。その地域経済活性化の動きを新々貿易理論、空間経済学の理論を基礎に検証する。
目次
はじめに 序.グローバル時代における地域活性化の在り方-空間経済学の視点から-(藤田昌久) 1.北陸の人口変動と地域創生(丸山洋平・丸屋豊二郎) 2.北陸製造企業の国際化の現状-全国9地域間比較の観点から-(丸屋豊二郎・白又秀治・張栩) 3.北陸製造企業のパフォーマンスと生産性-国際化・非国際化企業間比較の観点から-(丸屋豊二郎・張栩) 4.北陸企業の海外展開とイノベーション-北陸企業へのアンケート調査結果の分析-(丸屋豊二郎・白又秀治) 5.北陸3県における産業集積の外部性(後閑利隆) 6.北陸地域における産学官連携と研究開発の効果と課題-計量分析と聞き取り調査から-(亀山嘉大) 7.企業の国際化に対する地域要因(早川和伸・松浦寿幸) 8.生産性が高い企業のグローバルサプライチェーンへの参加(浜口伸明) 9.北陸企業のグローバル化とFTA利用-対ASEAN国際化戦略を中心に-(春日尚雄) 10.北陸3港湾利便性改善の経済効果(熊谷聡) 要約と政策含意
著者略歴
丸屋豊二郎(マルヤ トヨジロウ)
福井県立大学地域経済研究所教授、北陸AJEC理事
浜口伸明(ハマグチ ノブアキ)
神戸大学経済経営研究所教授、経済産業研究所
熊谷 聡(クマガイサトシ)
日本貿易振興機構アジア経済研究所新領域研究センター・経済地理研究グループ長
白又秀冶(シラマタシュウジ)
北陸環日本海経済交流促進協議会(北陸AJEC)企画部長兼調査部長

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。