近刊検索 デルタ

2017年9月20日発売

日本評論社

死を思うあなたへ つながる命の物語

つながる命の物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
しつけという名の下に親の価値観を押しつけられ、コントロールされる生きづらさや葛藤を抱えた主人公が、最初に叩いた門は精神科。看護師やそうじのおばちゃんたちとのユーモラスで真摯な交流は、人を癒やすのは薬ではなく人なのだとわかる。そんな出会いが得られた時、「生きている価値がない、死にたい」は「でも本当は生きたい」という希望に変わり、回復への道のりへ続くのだろう。
目次
刊行によせて——命の連鎖を手渡す物語…高木俊介

プロローグ 命の連鎖

第1章 築かれていない家庭

第2章 うつ病になる

第3章 一回目の精神科入院

第4章 退院してから

第5章 死にたい、でも本当は生きたい

第6章 二回目の精神科入院、退院、そして再び入院

第7章 摂食障害克服、そして出産へ

第8章 私は生きつづけ、虐待は連鎖していない

エピローグ 愛の連鎖

あとがき——ほんとうは生きつづけたい、あなたへ

解説——生の肯定への道のり…浜垣誠司

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。