近刊検索 デルタ

2017年12月20日発売

日本評論社

図で読み解く特殊および一般相対性理論の物理的意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
長年、工学の分野で研究を行ってきた著者が、ユニークな視点により、特殊相対論と一般相対論の意味を考える。
目次
はじめに

第1部 特殊相対性理論

 第1章 ピタゴラスの定理の解析的延長と座標系の回転
 第2章 光探究の歴史と光速度不変の原理
 第3章 ローレンツ変換式の導出およびミンコフスキー空間の歴史
 第4章 パラドックス
 第5章 相対論的運動方程式
 第6章 光の非相対論的および相対論的ドップラー効果
 第7章 特殊相対性理論による宇宙論

第2部 一般相対性理論

 第8章 等価原理と質量による重力場
 第9章 質点の運動方程式
 第10章 重力場での光の運動
 第11章 強い重力場での運動

付録A 複素関数および解析的延長
付録B 双曲線関数の変数^θの幾何学的な意味
付録C 懸垂線としての双曲線関数
付録D 物理定数
参考文献
索引
著者略歴
小林啓祐(コバヤシ ケイスケ)
京都大学名誉教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。