近刊検索 デルタ

2017年9月27日発売

日本文芸社

肥満がいやなら肺を鍛えなさい

1回5秒で解決!
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
肺の主な役割は「呼吸」と「血液循環」。酸素を含んだ血液を体内に循環させているが、十分に機能しないと不調を招く。本書では、肺を鍛える方法として「肺ストレッチ」を提案。肺と血液の関係を説明しながら、その方法を紹介する。
目次
はじめに 実践! 1回5秒からの肺活メソッドで肥満を解決! 第1章●肥満の正体 第2章●肥満の解消の鍵は「ミオグロビン」にあった 第3章●肺を鍛えてミオグロビンを増やす! 第4章●肥満を解消する食事 第5章●肥満は自分で解決できる おわにに
著者略歴
加藤 雅俊(カトウ マサトシ)
薬剤師。体内環境師。薬学予防医療家。ミッツ・エンタープライズ株式会社代表取締役社長。JHTホリスティックセラピー協会会長。JHtホリスティックセラピストアカデミー校長。大学卒業後、日本ロシェ株式会社(現:ロシュ・ダイアグノスティックス)に入社。研究所(現:中外製薬研究所)にて、血液関連の開発と研究に携わる。プロダクトマネージャー就任後、全国の病院を見て回るなかで、医療現場の問題点に気づく。「薬に頼らず若々しく健康でいられる方法」を食事+運動+心のケアから総合的に研究し、1995年に予防医療を目指し起業。「心と体の両方」をみるサロンやセラピスト養成のためのアカデミーを展開。独自の「食事と運動の両方をみる医学」で多くの支持を得る。現在、自ら指導する健康セミナーやストレッチ教室、講演会などを精力的に行いながら、テレビ、雑誌等にも出演。モデルや女優の体内環境のケア、プロ野球チームやアスリートのコンディショニングケアも担当する。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。