近刊検索 デルタ

2017年10月27日発売

日本文芸社

自力で防ぐ 誤嚥性肺炎

のどの筋肉を鍛えて寿命をのばす!
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
食べ物を飲み込む力(嚥下機能)は、40代から衰え始め、食べ物が気管や肺に入り(誤嚥)、肺炎を起こす原因となる。本書では、飲み込む力を鍛えるトレーニングを図解でくわしく紹介、力の低下予防に役立てる。
目次
まえがきにかえて
「飲み込み力」セルフチェック

第1章 
むせないで食べたり飲んだりできていますか?

第2章
急増している誤嚥性肺炎はなぜ起こるのか?

第3章
「呑み込み力」がアップすれば寿命はどんどんのびる

第4章
口腔ケアは嚥下障害の予防に欠かせない

第5章
誤嚥を遠ざける食べ方のルール

第6章
意外に知らない のどの大疑問

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。