近刊検索 デルタ

2018年3月21日発売

日本文芸社

とことん上手くなる!パッティング家練メソッド

パッティング・メソッドの8割は家練で身につきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ゴルフのパットがうまくなるために、①アドレス(構え方)、②ストローク(打ち方)と距離感、③グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。
目次
はじめに

序章 パッティングのモチベーションを上げる
第1章 パッティングのアドレスをとことん考える
第2章 パッティングのストロークと距離感をとことん考える
第3章 グリーンの傾斜の読み方をとことん考える
第4章 日ごろの成果をコースで発揮!効果的なパッティンググリーン練習法

おわりに

<袋とじ>ラウンドで絶対使える4つの”掟”
著者略歴
松本 哲也(マツモト テツヤ)
1971年愛媛県宇和島市出身。日本プロゴルフ協会(PGA)ティーチングプロA級。宇和島東高校卒業後、東京ゴルフ専門学校で学ぶ。「2015ティーチングプロアワード」で「感育~感性を育てる上達術~」を提唱し、最優秀賞を受賞。PGA所属のティーチングプロ4000人の頂点に立った。千葉県柏市のガーデン藤ヶ谷ゴルフレンジ所属。他の主な活動拠点として手賀ノ丘ショートコース、流山ゴルフセンターがある。RIZAP GOLFコンサルティング契約。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。