近刊検索 デルタ

2018年2月13日発売

日本文芸社

面白くてよくわかる 新版 戦国史

動乱の時代を勝ち残った戦国群雄の軌跡
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
足利幕府崩壊以降、下剋上の戦いを経て、信玄、謙信、信長の天下取り、秀吉の天下統一と家康の徳川幕府体制の完成まで。豊富な図解と写真を用いて、国が燃えた激動の戦国時代が手にとるようにわかる!
目次
はじめに

序章 下克上=実力主義の時代
第一章 しのぎを削る戦国大名の輩出
第二章 天下統一を目指す戦国大名
第三章 絶対王 織田信長の壮大なビジョン
第四章 太閤 豊臣秀吉の飽くなき野望
第五章 将軍 徳川家康の絶対平和論
終章 鎖国 オランダの日本封殺計画

おわりに

■戦国時代(群雄割拠・天下布武・平定・統一期)の主な合戦(図)

参考文献

《コラム》戦国史のツボ
著者略歴
鈴木 旭(スズキ アキラ)
歴史ノンフィィクション作家。昭和22年(1947)6月、山形県天童市生まれる。現在、東京都品川区在住。法政大学第一文学部に学ぶ。作家デビューは遅く、平成6年(1994)5月、で「第一回歴史群像賞」受賞。戦国史のみならず古代史にも造詣が深く、ピラミッドや巨石文化の調査研究に打ち込む。戦国時代は豪商と自由都市の役割、海洋貿易について詳しい。歴史雑誌の執筆も多く、著書多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。