近刊検索 デルタ

2018年6月15日発売

日本法令

消費税 軽減税率・インボイス対応マニュアル〔改訂版〕

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2019年10月から消費税率の10%への引上げが行われる。
これに伴って、軽減税率と簡易インボイスは2019年10月から、
本格インボイスは2023年10月から導入となる。
まだまだ先の話のようだが、軽減税率・インボイスの導入は我が国の経理慣行を根本から変えるものであるため、
税理士の関与先への導入指導は、早ければ早いほどよい。
そこで本書では、税理士業界随一の消費税マスター・熊王征秀税理士が、
軽減税率・インボイス制度の基本的仕組みから導入までの対応の仕方について、
Q&A形式で徹底解説していく。
国税庁のQ&A改訂、新消費税法施行令などを踏まえて、最新の情報を提示。
目次
第1部 激変する消費税制

第2部 軽減税率
 第1章 飲食料品
 第2章 一体資産
 第3章 外食

第3部 中小企業の特例

第4部 インボイス制度
 第1章 区分記載請求書
 第2章 適格請求書
著者略歴
熊王 征秀(クマオウ マサヒデ)
山梨県出身、学校法人大原学園に税理士科物品税法の講師として入社し、 在職中に酒税法、消費税法の講座を創設。 その後、会計事務所勤務を経て税理士登録、独立開業。 現在、東京税理士会会員相談室委員、同調査研究部委員、 東京地方税理士会税法研究所研究員、日本税務会計学会委員、大原大学院大学教授。 著書に『10%対応 消費税の軽減税率と日本型インボイス制度』(税務研究会出版局)、 『クマオーの消費税トラブル・バスターII』など多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。