近刊検索 デルタ

2017年10月27日発売

白水社

スターリンの娘(下)

「クレムリンの皇女」スヴェトラーナの生涯
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
もう一つの「20世紀史」  1926年、スターリンとその妻ナージャの間に生まれた「クレムリンの皇女」スヴェトラーナ・アリルーエワ。「スターリン」という重圧を背負って、その運命から生涯、逃れられなかった。幼少時代は愛情を受けて育ったが、彼女が6歳の時に、自殺した母親への愛憎半ばする思いも抱いていた。やがて大粛清の時代、親族が次々と殺害され、恋人も強制収容所に送られるなか、3度の結婚をし、41歳でアメリカへ亡命する……。戦前・戦中の苛烈な時代と戦後の冷戦に翻弄されながら、西側社会で痛切に味わった成功と挫折。そして「恋多き女」でもあった、まさに波瀾の85年間を描く傑作評伝。  激情家で猜疑心と復讐心が強い性格が父親に、聡明で勝気な性格が母親に似ているとの指摘もある。しかし彼女は、暴力を憎み、正義感が強く、愛と楽観主義に生きてきた。「スターリンの本質」について多くを示唆し、もう一つの「20世紀史」ともいえる。また『ニューヨーク・タイムズ』の書評にあるように、「物語」としても魅力に富んだ作品。作家はカナダのトロント大学名誉教授、伝記作家、文芸評論家で、ローン・ピアス勲章の受章者。写真多数収録。
著者略歴
ローズマリー・サリヴァン(サリヴァン)
詩人、短篇小説作家、伝記作家、文芸評論家、書評家、コラムニスト。最近は『ヴィラ・エアベル』および『欲望の迷路』の二著で高い評価を得ている。トロント大学の名誉教授であり、グッゲンハイム財団、カマルゴ財団、トルドー財団から奨励金を得ている。また、ローン・ピアス勲章の受章者であり、文学と文化への貢献を認められてカナダ王立協会から表彰され、カナダ四等勲爵子の称号を有する。
染谷 徹(ソメヤ トオル)
翻訳家。主要訳書:モンテフィオーリ「スターリン 赤い皇帝と廷臣たち 上下」、グロス「アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義」、ファイジズ「囁きと密告 上下」、「クリミア戦争 上下」、デイヴィス「ワルシャワ蜂起1944 上下」(以上、白水社)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。