近刊検索 デルタ

2017年11月13日発売

平凡社

ゲームの規則Ⅰ 抹消

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
完結まで36年を要したレリスの主著にして自伝文学の大作、20世紀の奇書。第1巻「抹消」は幼年期を綴る。(全4巻)
著者略歴
岡谷 公二(オカヤ コウジ)
1929年東京生まれ。東京大学文学部卒業。跡見学園女子大学名誉教授。著書に、『柳田国男の青春』(筑摩書房)、『島の精神誌』(思索社)、『神の森 森の神』(東京書籍)、『南の精神誌』(新潮社)、『絵画のなかの熱帯』(平凡社)、『南海漂蕩』(冨山房インターナショナル、和辻哲郎文化賞)、『原始の神社をもとめて』『神社の起源と古代朝鮮』(いずれも平凡社新書)、訳書に、レリス『幻のアフリカ』、ルーセル『ロクス・ソルス』(いずれも平凡社ライブラリー)など多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。