近刊検索 デルタ

2017年9月29日発売

法律文化社

つかむ・つかえる行政法〔第2版〕

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
行政法をたのしく学べる入門書の最新版 複雑で難解と思われがちな行政法を、身近な具体例を引きながらやさしく解説した好評テキストの最新版。行政法の全体像をつかみ、つかいこなすことをめざし、初学者をはじめ公務員、ビジネスパーソンに格好の入門書。 ■ 2016年4月に施行された、行政不服審査法の全部改正に対応。 ■ 図表を用いて解説することで、より行政法をつかみやすくした。 【目 次】 第2版はじめに 第Ⅰ部 行政法学編 Lecture01 行政法とは/学ぶ意味とは  Lecture02 行政法になれる/読みこなす  Lecture03 公務員  Lecture04 国や自治体の組織  Lecture05 行政立法  Lecture06 行政行為の特徴と効力  Lecture07 行政裁量・非権力的な活動 Lecture08 行政調査・義務履行の手段 Lecture09 地方分権改革と自治体 Lecture10 自治基本条例と住民参加 Lecture11 住民自治を支えるしくみ1(二元代表制・直接請求権) Lecture12 住民自治を支えるしくみ2(住民投票・パブリックコメント手続・審議会委員への公募) Lecture13 自治体議会 第Ⅱ部 行政救済法編 Lecture14 行政救済法の全体像 Lecture15 行政不服審査法の全部改正のポイント Lecture16 不服申立ての対象・結果 Lecture17 不服申立ての手続 Lecture18 行政事件訴訟概論 Lecture19 どんなときに取消訴訟を起こすことができるのか①(処分性) Lecture20 どんなときに取消訴訟を起こすことができるのか②(原告適格・訴えの利益) Lecture21 取消訴訟以外の抗告訴訟 Lecture22 2004(平成16)年改正の意味 Lecture23 国家賠償法の意義・1条(「人=公務員」による損害の救済) Lecture24 国家賠償法2条(「物=公の営造物」による損害の救済) Lecture25 処分に関する手続 Lecture26 行政指導に関する手続・意見公募手続(パブリックコメント手続など) Lecture27 情報公開とそれを支えるしくみ 参考文献/判例索引/事項索引
著者略歴
吉田 利宏(ヨシダトシヒロ)
吉田 利宏(よしだ としひろ) 元衆議院法制局参事。 1963(昭和38)年神戸市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、衆議院法制局に入局。 15年にわたり、議員立法や修正案の立案に参画する。現在、著述業の傍ら自治体の各種委員などを勤める。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。