近刊検索 デルタ

2017年10月31日発売

ポプラ社

花のお江戸で粗茶一服

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「茶の湯だけでも奥深いのに、
 弓と剣まで納めなくてはいけないとは。
 友衛家に生まれなくてよかったとしみじみ思いました。
 しかし他人事にも思えない本書です。(笑)」
 ――武者小路千家若宗匠 千宗屋氏

「“粗茶”シリーズの世界に遊ぶことは、
 小説を読む悦楽に浸ること。
 夏、涼しく、冬、暖か。
 いつまでもいつまでも読みつづけていたい。」
 ――作家 大島真寿美氏
 
異色の青春お仕事小説の傑作!


弓、剣、茶の「三道」を伝える〈坂東巴流〉の嫡男・友衛遊馬、二十歳。
家出先の京都から帰還するも、
家元でさえ副業しなければ家族を養えない貧乏流派ゆえ、
働き口を探してこいと言われてしまう。
建造が始まったスカイツリーの警備員に収まるが、
周囲からは「あそこの跡継ぎはダメだ」と後ろ指を指され、
ガールフレンドとの仲も“行き止まり”。
冴えない日々の中、曲者ぞろいの茶人武人にやりこめられながら、
遊馬は自分の進むべき道をぐるぐると探しつづける。
明日が見えないあなたに贈る笑えて泣けて元気になれる物語。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。