近刊検索 デルタ

2018年2月2日発売

扶桑社

大人に役立つ!頭のいい小学生が解いているパズル

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ベストセラー『男の子を伸ばす母親は、ここが違う!』
の著者・松永暢史氏と、パズルの第一人者である星野孝博氏による、
小学生も大人も楽しめるパズル本が持ち歩きもしやすい文庫版に!
今日からパズルを解けば、見違えるほど脳が活性化します。

「パズルに強い子どもは算数ができる」
「パズルに強い子どもは受験に勝つ」
「パズルに強い子どもはアタマがいい」
――これは今や受験教育業界の常識。
パズル教育が算数教育の土台となる
能力を培うことがわかり、
多くの教育機関が取り入れています。
本書では人間がどのように思考し、
どのように答えを出しているのかを、
アタマの働きを分類して解説。
問題が解けなくてもあきらめずに「練習」すれば、
算数ができる人のアタマを体得できます。
大人は衰えを知らぬ頭の働きを維持するため、
子どもは大人になったときのために、
パズルで遊んで賢いアタマを楽しみましょう!
(まえがきより)


目次
PART1 パズルを解くときの「思考術」
1 はしご型思考
2 ピラミッド型思考
3 しらみつぶし型思考
4 リバース型思考
5 単純変換型思考

PART2 小学生が解いている「人気パズル教室・問題集」



著者略歴
松永 暢史(マツナガノブフミ)
松永暢史(まつなが・のぶふみ)1957年、東京都生まれ。V-net(ブイネット)教育相談事務所主宰。個人学習指導者、教育環境設定コンサルタント、能力開発インストラクター、教育メソッド開拓者、教育作家。
星野 孝博(ホシノタカヒロ)
星野孝博(ほしの・たかひろ)1970年、愛知県生まれ。日本で唯一の教育的メカニカルパズル専門の株式会社クロノス代表取締役。日本パズル協会理事。パズルショップトリトやクロノスパズル教室の運営も行う。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。