近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
イゾベルが初めて彼に会ったのは、18歳の誕生日だった。
ラファエル・ロメロ――傲慢で冷酷な大金持ちの若き実業家。
彼こそは、イゾベルがまだ8歳のときに決められた許嫁なのだ。
ラファエルの支援がなければ、彼女の家は破産の憂き目に遭う。
「あなたと結婚するくらいなら、死んだほうがましよ!」
爪を立てる仔猫さながら言い放ったイゾベルを、あろうことか
ラファエルは抱き寄せて濃厚なキスをし、再会を約束した。
3年後、パリ。実家を出たイゾベルは貧しくも自由に暮らしていたが、
21歳の誕生日の夜、彼は現れた――妻を迎えに来たと言って。
忘れもしないあのキスが、戦慄となってイゾベルの体を駆け抜けた。

アビー・グリーンの描くラテンロマンスは、まるでタンゴのリズムのように熱く激しく、速いテンポで読者を虜にします。「政略結婚なんかいや!」と抗うヒロインですが、心はあの18の夜、若く傲慢な富豪に既に奪われていて……。初恋と愛なき結婚の物語です。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。