近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
“君のキスや愛情で、僕は息がつまりそうだ……”
6年前、愛する夫ラスが別れぎわに言い放った言葉を、
今日もアプリルは胸の痛みとともに思い出していた。
天涯孤独の彼女にとって、結婚生活は初めて知った幸福だった。
それなのにラスにはその愛は重く、若い彼女をおいて去ったのだ。
物思いに耽るアプリルの前に、そのときトラックが飛び出し――
頭を強打した彼女は、目覚めると記憶の一部を失っていた。
やがて病室に、知人だという、見知らぬハンサムな男性が現れる。
アプリルは彼を見つめた。まさか自分を捨てた夫だとは思わずに。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。