近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
騙されて、妹が背負わされた負債をブリーはいま、清算した。
部屋を出ようとしたそのとき、聞き覚えのある声が響きわたる。
「勝負をしないか。賭けるのは100万ドルと、君の体だ」
ブリーはその場に凍りついた。声の主がウラジミールだったから。
10年前にブリーを見捨てた、魂もくらむほど美しい大富豪。
彼のせいで妹と二人、奈落の底の人生を歩むことになったのだ。
ところが、運命の女神はウラジミールに微笑む。
わななく唇を噛みしめるブリーに、彼は皮肉な笑みを浮かべた。
「これで君は僕のものだ。僕が望むあいだ、ずっと」

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。