近刊検索 デルタ

10月19日発売予定

みすず書房

完訳 天球回転論

コペルニクス天文学集成

高橋憲一/翻訳・解説

978-4-622-08631-4

本体価格:16,000円+税

判型:A5

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
その〈革命〉は、静かにはじまった――。1543年、ニコラウス・コペルニクスが天動説から地動説へと理論を革新させた科学史第一級の古典全6巻を、ここに完訳。
さらに彼が地動説の構想を初めて著した小論『コメンタリオルス』、ヨハン・ヴェルナーの著作を批判した書簡を所収し、コペルニクス天文学のすべてを凝集する。精緻な訳注に加え、解説「コペルニクスと革命」により明かされる革命の全貌。
目次
まえがき
旧版へのまえがき

第Ⅰ部 天球回転論
『天球回転論』解題
この著述の諸仮説について
枢機卿ニコラウス・シェーンベルクの書簡
教皇パウルス3世宛てニコラウス・コペルニクスの序文
天球回転論
訳注
付録1 種々の暦・暦元等について
付録2 ニコラウス・コペルニクスの読者宛ての戒告および訂正

第Ⅱ部 コメンタリオルス
『コメンタリオルス』解題
ニコラウス・コペルニクスの「小論(コメンタリオルス)」
訳注

第Ⅲ部 ヴェルナー論駁書簡
『ヴェルナー論駁書簡』解題
ヴェルナー論駁書簡
訳注

第Ⅳ部 解説・コペルニクスと革命

文献
索引

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。