近刊検索 デルタ

10月14日発売予定

森北出版

ベクトル空間からはじめる抽象代数入門

群・体・テンソルまで

飯高茂/監修
松田修/著

978-4-627-08191-8

本体価格:2,600円+税

判型:菊

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「掃き出し法やランクの計算はできるけれど,ベクトル空間の抽象論になったとたんにわからなくなった」
「群や体はひと通り学んだけれど,議論を追うのが精一杯で理解できた感じがしない」

こんな経験はないでしょうか?
本書では,具体的な計算・図形的な意味・ベクトル空間との関連などを通して,
こうした「抽象代数」の概念を実感もって理解できるようになります.

〈本書の特長〉
・ベクトル空間は,理解しやすい数ベクトルから始め,だんだん抽象度を上げて解説.
・そのほかの抽象代数の概念(群・体・テンソル)は,ベクトル空間に関連付けながら解説.
目次
第I部 数ベクトル空間
第1章 n次元の空間を理解する
第2章 空間を測る
第3章 行列による変換を視覚的に見る
第4章 表現行列と基底変換
第5章 最適な基底での線形変換

第Ⅱ部 群と体の幾何学
第6章 群と行列
第7章 複素数と四元数と回転

第Ⅲ部 抽象的なベクトル空間
第8章 抽象的なベクトル空間
第9章 テンソル積とテンソル空間

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。