近刊検索 デルタ

2018年2月23日発売

吉川弘文館

戦国期の村落と領主権力

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
領域支配を目指す戦国大名と、自立志向を強める村落との関係は、この時代を解明する重要課題である。近世への連続を重視する移行期村落論を経て、地域間の特性に注目する研究が盛んに行なわれている。二項対立図式ではなく、双方向的回路の視角から、北条氏の郷村支配と浅井氏支配下の近江菅浦を題材に、大名権力と村落構造の実態を浮き彫りにする。
目次
序章 研究史の整理と本書の課題/戦国大名北条氏と村落(戦国大名北条氏の西浦地域支配―小代官の再検討を手がかりに〈伊豆国西浦地域の在地秩序/北条氏の西浦地域支配〉/戦国大名北条氏の郷村支配と「小代官」〈郷村の小代官と代官の手代としての小代官―西浦地域を通じて/郷村の小代官を設置する主体/郷村の小代官の身分について〉以下細目略/戦国大名北条氏の口野地域支配―土豪層代官への視点/戦国大名北条氏の郷村支配と土豪層―「郷請」の実態を考える)/戦国期の菅浦と領主支配(戦国期菅浦における領主支配の変遷―年貢・公事銭請取状の分析を通じて/戦国期における菅浦の借銭問題―天文年間の借銭事例の再検討を中心に/戦国大名浅井氏の菅浦支配)/終章 総括と展望

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。