近刊検索 デルタ

2018年1月24日発売

吉川弘文館

井上馨と明治国家建設

「大大蔵省」の成立と展開
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
明治4年の廃藩置県後、井上馨は財政官庁の大蔵省に地方行政などの民政権を掌握していた民部省を併合。強大かつ広範な権限を持つ「大大蔵省」が誕生し、明治6年の内務省の成立まで、国家建設に多大な役割を果たした。井上の思想や「大大蔵省」の制度・政策の考察を通じて、近代日本の出発点である明治初年の国家建設の苦悩に新たな視座を提起する。
目次
序章 明治初年の井上馨と「大大蔵省」/井上馨の思想(「大大蔵省」構想の形成過程〈幕末の密航留学経験と長州藩論の分裂/新政府の成立と井上の「千歳之遺憾」/「上」と「下」からの改革構想/「法則」による国家構想の登場/「大大蔵省」構想の成立〉/廃藩置県後の「事務」〈「大大蔵省」の綱領/岩倉使節団の成立/「大大蔵省」の目途〉以下細目略)/「大大蔵省」の制度(「大大蔵省」の成立と太政官制潤飾/「大大蔵省」の展開と県治条例・地方官会同/「大大蔵省」の解消と内務省建省)/「大大蔵省」の政策(井上馨と「大大蔵省」勧農政策/「大大蔵省」勧農政策の展開過程/大隈重信と「大大蔵省」勧農政策)/終章 井上馨・「大大蔵省」と明治国家建設/あとがき

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。