近刊検索 デルタ

2017年9月15日発売

吉川弘文館

闘いを記憶する百姓たち

江戸時代の裁判学習帳
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
江戸時代、領主の圧政に耐えかねた百姓は、かずかずの一揆・訴訟を起こした。その訴状は、民衆の読み書き教材「目安往来物」として広く流布していく。紛争の解決方法が実力行使から訴訟へと変わる転換期に、彼らはいかに先人の苦闘の記憶を受け継ぎ、学び、権力と闘う力を身につけたのか。領主や幕府に訴えをなす民衆自身が主人公となる歴史。
目次
実力行使・神・裁判―プロローグ/目安往来物とはなにか(往来物とはなにか/目安往来物)/寛永白岩一揆と「白岩目安」(白岩百姓たちの苦闘/訴の時代/「白岩目安」の流布)/境界争論と目安往来物(銀山をめぐる争論と目安/信越国境争論と目安)/目安往来物の成立と普及(目安往来物の分布/往来物としての「白岩目安」の成立/類書の成立/往来物における一七世紀)/学習教材としての目安往来物(目安往来物による学習/目安往来物の収束)/一揆の力―エピローグ

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。