近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
薩長周旋の立役者坂本龍馬が殺害された近江屋事件。史料も多く、事件のあらましは判明しているのに、なぜ謎多き事件として惹きつけられるのか。襲撃者の供述を再検討し、薩長土や会桑勢力の動向から、慶応3年の京都政局の対立軸を明らかにし、事件の真因を究明。事件後の政情や、衰えない〈薩摩〉説の起源と誤謬も解き明かし、暗殺の深層に迫る。
目次
慶応三年後半の京都政局と坂本龍馬―プロローグ(近江屋事件の現場検証―今井信郎口書を中心に〈ボタンの掛け違え―新選組説の確定/見廻組説の登場―今井信郎の証言/今井口書の信頼性〉以下細目略/坂本龍馬、京都での危機と薩長との挙兵計画/会桑勢力、未発のクーデタ計画―大政奉還への逆流と反撃/〈薩摩〉説の系譜と虚妄/近江屋事件以後―幕土衝突の危機/幕末維新史の忘れえぬ記憶として―エピローグ

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。