近刊検索 デルタ

2月15日発売予定

吉川弘文館

鷹狩と王朝文学

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本の鷹狩とはいかなるもので、何時、どこで、どのように行なわれたのか。六国史、その他を通じて鷹狩と天皇権力との関係を究明。また、『万葉集』の大伴家持の長歌や『宇津保物語』『源氏物語』『増鏡』における鷹狩関連部分の、中世以来の代表的な注釈書の諸説を批判的に再検討する。日本放鷹文化史や王朝文学の研究・鑑賞などへ貢献する貴重な書。
目次
緒言/古記録における鷹狩(序/鷹狩(鷹、鷂、隼)/鷹狩の勅許と禁制/おわりに/[補説」「たか(鷹)」・「はやぶさ(隼)」について/余論 鷹を数える助数詞)/『万葉集』の鷹狩(序/大伴家持の鷹歌/「矢形尾」について/[補説]「相鷹経」、「鷹ノ相経」について/「蒼鷹」について/[補説1]「おおたか(大鷹)」について/[補説2]『中興禅林風月集抄』について/[補説3]『広雅』について/[補説4]「兎鶻」について/「大黒」について/「手放れ」「手かへる」、「乎知」について/「真白部」について/[補説]「白鷹」について/「麻之路能鷹乎」について/余論 関連する語彙)/王朝物語の鷹狩(『宇津保物語』の鷹狩/序/『源氏物語』の鷹狩/序/[補説]鳥柴の材/余論「馬埒(むまき)」から「馬場(むまば)」「馬場(ばば)」へ/『増鏡』の鷹狩)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。