近刊検索 デルタ

2017年9月15日発売

明石書店

日本の癩〈らい〉対策の誤りと「名誉回復」

今、改めてハンセン病対策を考える
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
国立療養所多磨全生園の園長として、日本の癩(らい)病=ハンセン病治療に長年携わった著者が、「隔離」を継続した日本の癩(らい)対策の誤りの根源をあらためて振り返り、何を病もうと人は人という道理を元に、差別や偏見の克服、そして名誉回復とは何かを問う。
目次
まえがき はじめに 一 日本における癩の流行と消長 二 二〇世紀日本における癩、らい、ハンセン病への一般的な認識の移り変わり  二-一 癩をめぐって  二-二 ハンセン病の年間新発生患者数ゼロの真実  二-三 ハンセン病の現状と憲法 三 日本の癩(らい)対策の根源的なあやまり 四 日本の癩(らい)対策の無為な継続  四-一 日本の癩(らい)対策には「隔離が最善」との安易な受容  四-二 「癩予防ニ関スル件」の制定、疎かにされた「患者は人」の倫理  四-三 惰性的かつ無定見な隔離の継続  四-四 光田は癩(らい)の権威か  四-五 光田を支えた権力構造 五 日本の癩(らい)対策 その過ちの責任を問う  五-一 日本の癩(らい)対策についての私たち個人の責任  五-二 癩(らい)に対する偏見・差別の血族的な拡がりについての責任  五-三 一般的な社会はハンセン病についていかに無知か 六 一般社会におけるハンセン病への関心 七 ハンセン病の社会啓発  七-一 不治の癩の社会啓発  七-二 可治のらいの社会啓発  七-三 普通の病気ハンセン病の社会啓発 八 名誉回復とは何か 九 日本の癩(らい)対策の歴史に類似する他の医療領域について 一〇 癩(らい)と知覚麻痺疎かにされた見えないものを診ること 一一 日本の癩(らい)対策の後半にかかわった私自身を考える おわりに 付録  一 日本の癩(らい)対策についての史実を資料館常設展示のいくつかに重ねる  二 墓守であれ
著者略歴
成田 稔(ナリタ ミノル)
1927年 札幌生まれ。 1950年 東京大学医学部付属医学専門部卒業。 1951年 東京大学医学部病理学教室研究生。 1955年 国立療養所多磨全生園医務課。 1968年 同園整形外科医長。 1981年 同園副園長。 1985年 同園園長。 1992年 国立多摩研究所所長併任。 1993年 退官。 同年 国立療養所多磨全生園名誉園長。 2007年 国立ハンセン病資料館館長。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。