近刊検索 デルタ

2018年3月23日発売

化学同人

天然有機化合物の全合成

独創的なものづくりの反応と戦略
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子であり,特別な機能をもつ.その天然物の全合成は創薬への応用など,科学的な重要性はきわめて高く,合成を効率化するためには,新反応と新合成戦略が必要不可欠である.本書では,近年発展した新反応と新合成戦略,およびその実用までをレビューする.
目次
PartⅠ 基礎概念と研究現場(フロントランナーに聞く/全合成の歴史的背景/全合成の現在と未来/天然物全合成の基礎)

PartⅡ 研究最前線(直接連結法による芳香族天然物の合成/ロジウムカルベノイドのC–H挿入反応を基盤とする生理活性天然物の合成/パラジウム触媒反応による8員環形成を鍵としたタキソールの形式不斉全合成/連続環化反応を鍵としたpalau'amineの全合成/生合成を参考にしたアルカロイドの全合成/カスケード型環化反応による環状グアニジン天然物の合成/縮環炭素骨格構築法とソラノエクレピンの全合成/リアノダンジテルペンの統一的全合成/逐次活性化法を用いたオリゴフラバン類の全合成/対称性を利用したヒバリマイシノンの収束的全合成/収束的戦略に基づくハプロフィチンの全合成/抗がん剤エリブリンの安定的供給法/ガンビエロール構造簡略体の設計・合成・生物機能/ケミカルバイオロジーを志向した天然物アナログの創製・部分構造アナログと代謝安定型アナログ/疎水性可溶性タグを利用した親水性天然有機化合物の液相全合成/天然物の骨格多様化合成による抗感染症物質創製)

PartⅢ 役に立つ情報・データ(革新論文/他)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。