近刊検索 デルタ

2017年9月12日発売

北大路書房

古典で読み解く現代の認知心理学

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
注意・知覚・記憶といった認知心理学の基礎から,思考や言語などの高次の認知機能まで,バランスよく14の古典的研究を精選。その意義と限界を,第一線の研究者たちがスリリングに解説する。まさに初学者にとっては,あたかも偉大な巨人の肩に乗って,「現代の認知心理学」をいきいきと学ぶことできる,絶好のテキスト。

◆主なもくじ
まえがき
1章 認知心理学における古典的研究の紹介  
2章 注意 Ⅰ―Cherry(1953)によるカクテルパーティ問題を超えて
3章 知覚―Gibson(1950)による直接知覚を超えて
4章 知覚の計算論的アプローチ―Marr(1982)による視覚の計算論的アプローチを超えて
5章 知覚と行為―Goodale & Milner(1992)による2つの視覚経路を超えて
6章 注意 Ⅱ―Stroop(1935)による色名単語干渉現象を超えて
7章 健忘症―Scoville & Milner(1957)によるH. M.に関する研究を超えて
8章 ワーキングメモリ―Baddeley & Hitch(1974)によるワーキングメモリを超えて
9章 記憶システム―Tulving(1972)によるエピソード記憶と意味記憶の区分を超えて
10章 符号化と検索―Tulving & Thomson(1973)による符号化特殊性原理を超えて
11章 人間の問題解決―Newell, Shaw, & Simon(1958)による人間の問題解決の理論を超えて
12章 ヒューリスティックとバイアス―Tversky & Kahneman(1974)による不確実状況下の判断を超えて
13章 リスク下の意思決定―Kahneman & Tversky(1979)によるプロスペクト理論を超えて
14章 言語―Chomsky(1957)による統語構造論を超えて
15章 言語の神経心理学―Marshall & Newcombe(1973)による錯読パターンを超えて

◆訳者一覧(執筆順)
箱田裕司(京都女子大学):まえがき,1章
二瀬由理(東北工業大学):2章
行場次朗(東北大学大学院):3章
乾 敏郎(追手門学院大学):4章
柴田 寛(東北文化学園大学):5章
嶋田博行(神戸大学大学院):6章
岩原昭彦(京都女子大学):7章
齊藤 智(京都大学大学院):8章
太田信夫(東京福祉大学大学院):9章
豊田弘司(奈良教育大学): 10章
山 祐嗣(大阪市立大学大学院):11章
佐伯大輔(大阪市立大学大学院):12 章
中村國則(成城大学):13章
小泉政利(東北大学大学院):14章
広瀬雄彦(京都女子大学):15章
目次
まえがき

1章 認知心理学における古典的研究の紹介
1.認知心理学の古典的論文
2.14の古典的研究
3.古典的研究:一般的レッスン
 (1)若々しい創造性
 (2)独創性:一番手と二番手
4.主要なアプローチ
 (1)反証性,一般性,緻密さ
5.結論
 
2章 注意 Ⅰ―Cherry(1953)によるカクテルパーティ問題を超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
3.古典的研究の影響
4.古典的研究への批判
5.結論
 ◎さらに学ぶために

3章 知覚―Gibson(1950)による直接知覚を超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
 (1)Gibsonの「古典的」貢献:テクスチャの勾配と光学的流動
3.それでは何から始めるのがよいのか
 (1)テクスチャの勾配
 (2)光学的流動
4.古典的研究の影響
5.古典的研究への批判
6.結論
 ◎さらに学ぶために
 
4章 知覚の計算論的アプローチ―Marr(1982)による視覚の計算論的アプローチを超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
 (1)Marrの主張
 (2)Marrの枠組み
 (3)Marrの処理理論
3.古典的研究の影響と批評
 (1)枠組み
 (2)処理の理論
4.結論
 ◎さらに学ぶために
 
5章 知覚と行為―Goodale & Milner(1992)による2つの視覚経路を超えて
1.古典的研究の背景とその内容
 (1)知覚と行為:神経心理学の事例
 (2)背側ストリームと腹側ストリームのさらなる特徴
 (3)健常な実験参加者から得られる複数方向からの証拠
2.古典的研究の影響
3.古典的研究への批判
 (1)要注意点1:D. F.について
 (2)要注意点2:視覚性運動失調について
 (3)要注意点3:錯覚と行為
 (4)要注意点4:背側ストリームにおける知覚と腹側ストリームにおける行為
4.結論
 ◎さらに学ぶために
 
6章 注意 Ⅱ―Stroop(1935)による色名単語干渉現象を超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
3.古典的研究の影響と批評
4.新しい説明
5.古典的研究がどのように思考を進展させるか
6.結論
 ◎さらに学ぶために

7章 健忘症―Scoville & Milner(1957)によるH. M.に関する研究を超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
3.古典的研究の影響
4.古典的研究への批判
 (1)発見に対する別の解釈
 (2)海馬領域を損傷しても知覚能力や認知能力は低下しない
 (3)健忘症になっても短期記憶とワーキングメモリは低下しない
 (4)海馬の損傷によって引き起こされる健忘症は記憶の領域を超えて「全般的」である
 (5)海馬は記憶を支える中心的な脳の構造である
 (6)海馬領野を損傷しても遠隔記憶は低下しない
5.海馬領域はどのように記憶を支えているのか?
6.結論
 ◎さらに学ぶために
 
8章 ワーキングメモリ―Baddeley & Hitch(1974)によるワーキングメモリを超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
3.古典的研究の影響
4.古典的研究への批判
5.結論
6.補稿:Alan Baddeleyからのコメント
 ◎さらに学ぶために
 
9章 記憶システム―Tulving(1972)によるエピソード記憶と意味記憶の区分を超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
3.古典的研究の影響
4.古典的研究への批判
5.結論
 ◎さらに学ぶために
 
10章 符号化と検索―Tulving & Thomson(1973)による符号化特殊性原理を超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
 (1)リスト外手がかりの有効性
 (2)再生可能語の再認失敗
 (3)符号化特殊性原理
3.古典的研究の影響
4.古典的研究への批判
5.結論
6.捕稿:Endel Tulvingからのコメント
 ◎さらに学ぶために
 
11章 人間の問題解決―Newell, Shaw, & Simon(1958)による人間の問題解決の理論を超えて
1.古典的研究の背景
2.古典的研究の詳細な記述
 (1)理論
 (2)ロジック・セオリスト
 (3)実験
 (4)問題解決過程の特徴
 (5)他の理論との比較
3.古典的研究の影響
4.古典的研究への批判
5.代替的解釈
6.結論
 ◎さらに学ぶために
 
12章 ヒューリスティックとバイアス―Tversky & Kahneman(1974)による不確実状況下の判断を超えて
1.古典的研究の背景
 (1)歴史的視座からみたヒューリスティックとバイアス
2.古典的研究の詳細な記述
 (1)最も有名なヒューリスティックの概要
3.古典的研究の影響
 (1)認知的心理学,社会心理学,応用心理学におけるヒューリスティックとバイアス
4.古典的研究への批判
 (1)ポストKahneman-Tversky期のヒューリスティック
 (2)二重過程接近法
5.結論
(1) ヒューリスティックとバイアスに関する40年の研究の評価
6.最終結論
 ◎さらに学ぶために
 
13章 リスク下の意思決定―Kahneman & Tversky(1979)によるプロスペクト理論を超えて
1.古典的研究の背景
 (1)リスク下の意思決定を定義する
2.古典的研究の詳細な記述
 (1)プロスペクト理論とは何か?
3.古典的研究の影響
4.古典的研究への批判
5.結論
 (1)プロスペクト理論はどのように思考を発展させ,思考はその結果どう進んだか
 ◎さらに学ぶために
 
14章 言語―Chomsky(1957)による統語構造論を超えて
1.古典的研究の背景
 (1)誰が心理言語学をダメにしたのか?―Chomskyに責任を負わせよう
2.古典的研究の詳細な記述
3.古典的研究の影響
 (1)言語能力と言語運用の区別
4.古典的研究への批判
 (1)経験主義から合理主義への変遷
5.結論
 ◎さらに学ぶために
 
15章 言語の神経心理学―Marshall & Newcombe(1973)による錯読パターンを超えて
1.古典研究への背景
2.古典的研究の詳細
 (1)獲得性失読の3つのサブタイプ
 (2)健常者の読みのモデルを用いた獲得性失読のサブタイプの解釈
3.古典的研究の影響と批評
 (1)他の獲得性失読のサブタイプの発見―そして獲得性書字障害のサブタイプの発見
 (2)これらの方法の発達性失読や書字障害の研究への応用
 (3)視覚的単語処理を超えて他の認知の基礎的領域へ:認知神経心理学
 (4)認知の高次領域への拡張:認知神経精神医学
 (5)将来:統合失調症と自閉症?
 ◎さらに学ぶために

文  献
人名索引
事項索引
監訳者あとがき

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。