近刊検索 デルタ

8月24日発売予定

北大路書房

本当にわかりやすい すごく大切なことが書いてある ごく初歩の統計の本 補足Ⅰ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『ごく初歩本』シリーズの内容が「ちょっと進んだ」Ⅰ巻。単回帰分析・測定の妥当性の2章構成。単回帰分析は心理学的研究においてほとんど用いられることはないものの,多くの分析法の基礎知識となり,極めて重要。また,一般的な心理学的研究で欠かせない,測定の妥当性について詳しい意味,留意点,姿勢までを丁寧に記す。
目次
1章 1つひとつの変数についての分析:『ごく初歩本』の1章と2章の補足

 ○中央値の意味と中央値と平均値の大小関係
 ○外れ値
 ○平均値と中央値の使い分け
 ○散布度への注目の必要性
 ○標準偏差とは
 ○正規分布を描いた図における標準偏差の値の意味
 ○Σ[i=1,n]|yi-c|を最小にする定数cとΣ[i=1,n](yi-c)^2を最小にする定数c
 ○変動と分散
 ○歪度と尖度
 ○負の値がないデータにおいて「平均値<標準偏差」になることはあるか?
  1章 練習問題

2章 2つの変数の関係についての分析:『ごく初歩本』の3章と4章の補足

 ○2つの変数の間に関係があるとは
 ○分布の様相を把握した上で分析することの必要性
 ○相関係数と共変動,共分散
 ○相関係数の値の意味
 ○相関関係と因果関係
 ○相関係数が特定の値になるデータの作成方法
 ○φ=rであることについて
  2章 練習問題

3章 標準偏差と相関係数のベクトルによる表現と変数の合成

 ○ベクトルについて
 ○標準偏差のベクトルによる表現
 ○相関係数のベクトルによる表現
○変数の合成と統計量の値
  3章 練習問題

4章 変数の変換:『ごく初歩本』の5章の補足

 ○変数の変換とは
○線形変換
 ○線形変換による平均値と標準偏差の変化
 ○標準化と標準得点
○線形変換による相関係数の変化
○線形変換による歪度,尖度の変化
 ○標準化平均値差
○非線形変換
  4章 練習問題

練習問題の解答と解説
引用文献
別  表
索  引

           [ちょっと余分な話1]「平均値(SD)」という表記について
[ちょっと余分な話2]分府の歪みが顕著なデータの例
           [ちょっと余分な話3]こんな切断効果もあり得ます。
           [ちょっと余分な話4]歪度の値についての判断

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。