近刊検索 デルタ

7月13日発売予定

求龍堂

野口哲哉作品集 ~中世より愛をこめて~

From Medival with Love
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2014年、練馬区立美術館の展覧会で大きな話題をさらった作家・野口哲哉による最新作品集。当時刊行された前書『侍達ノ居ル処。』の大ヒット(現在6刷)から5年、本書では、その間発表されてきた多数の作品より厳選し、5章立てで構成。7月の展覧会で発表する最新作までを収録。驚異的な表現力をさらに深化させた立体群と、新たな展開である夢物語のごとき「別世界旅行」や、美術史に残る美の巨人が生きた中世ヨーロッパと日本の戦国時代が時空を越え入れ替わったかのような、レンブラントやフェルメールを彷彿させるポーズを決めた武将たちの凜々しき肖像画などの新シリーズとともに、巻末では、精巧な作品制作を支えるため日々鍛錬を積むデッサンの数々も多数掲載。また、作家独自の考察が分かるインタビュー録、アトリエの様子なども収録し、野口哲哉ワールドを多面的に紹介する充実の書。
目次
第1章「深い眠り」
第2章「別世界旅行」
第3章「鎧を着た隣人」
第4章「アンティーク・ヒューマン」
第5月章「風船は何処へ」
著者略歴
野口哲哉(ノグチテツヤ)
1980年、香川県生まれ。2003年に広島市立大学 芸術学部 油絵科を卒業し、2005年に同大学大学院を修了。2007年「現代アーティストによるLE MONDE DE COCO―ココの世界」でのシャネルとのコラボ。2008年「野口哲哉展」/TCAF2008、ソウル、台北、ジャカルタなどアジア諸国での発表も続く。2011年のギャラリー玉英での個展「野口哲哉展」以後、定期的に開催。2014年練馬区立美術館、アサヒビール大山崎山荘美術館で「野口哲哉展―野口哲哉の武者分類図鑑―」が開催。2015年、羽田空港国際線ターミナルで「The HIST0RICAL ODYSSEY」、同年の泉屋博古館分館での茶道具の展覧会「茶の湯 釜の美」では、展示会場への平面作品提供など、様々なコラボに活発に参加。2016年、平成27年度香川県文化芸術新人賞。同年、全国4カ所巡回の「再発見!ニッポンの立体」に参加。2017年、香川県立ミュージアム「CROSS POINT 交差する視線ー20の表現」に出品。2018年「集え!英雄豪傑たち 浮世絵、近代日本画にみるヒーローたち」/横須賀美術館に出品。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。