近刊検索 デルタ

2017年9月25日発売

花伝社

東アジア連携の道をひらく

脱炭素社会・エネルギー・食料
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アジアに環境・エネルギー・食料の共同体をつくる トランプ政権下のアメリカが、温室効果ガス規制協定やTPPから離脱した今、 すでにアジアは民間・政府レベルで共通問題へと取り組み、連帯へと向かっている。 ASEAN、RCEP、AIIB、「一帯一路」、アジアスーパーグリッド―― 専門家、ジャーナリストによる最新状況の報告と展望。多数のコラム収録。
目次
Ⅰ部 東アジア地域統合の道 Ⅱ部 環境低炭素共同体とアジア経済協力の道 Ⅲ部 アジア・エネルギー共通安全保障のシナリオ Ⅳ部 食糧自給は国境を超える――食料安全保障共同体の構築へ
著者略歴
進藤 榮一(シンドウ エイイチ)
筑波大学名誉教授
松下 和夫(マツシタ カズオ)
京都大学名誉教授
朽木 昭文(クチキ アキフミ)
日本大学生物資源科学部教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。