近刊検索 デルタ

2018年3月1日発売

近代科学社

ナース・スケジューリング

問題把握とモデリング
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本で初めてのナース・スケジューリング問題の書籍!! (近代科学社調べ)
 ナース・スケジューリングとは、「ナースの勤務表作成」問題のことをいう。勤務表は、与えられた条件下での作成が難しいだけでなく、人間の暗黙的な評価や制約が存在することから、その評価も難しい。この問題は、求解困難な組合せ最適化問題としてもよく知られている。
 現実問題を解決するために様々な角度から問題を把握することは、それ自体がモデリングであるとも言える。本書では、ナース・スケジューリングと最適化モデリングの両方の視点から、問題解決のための手法について解説する。
 同問題に関心のある読者はもちろん、最適化に関心のある研究者、技術者、大学院生、学部生には必携の書である。
目次
1.モデリングを通して見えた世界
2.ナース・スケジューリング
3.組合せ最適化問題としての定式化
4.割当構造を意識する
5.問題の部分解を意識して解く
6.問題の条件を緩和意識して解く
7.探索空間を把握したい
8.他の問題も考えてみる
9.現実問題を最適化はどう支援するか
著者略歴
池上 敦子(イケガミ アツコ)
成蹊大学教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。