近刊検索 デルタ

7月26日発売予定

近代科学社

はじめての論理回路

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
論理回路は基本の「き」!
 電子・情報系では必須といわれる論理回路を分かり易く解説。1章には高校からの橋渡し的な内容をいれ、つまずかないように工夫。また、「論理」がどのように論理回路につながるかも解説する。後半では、現場で使われているHDLも解説し初歩的な論理回路が組めるようにする。章末に演習問題を多数用意し、A基本問題、B応用問題、C発展問題に分け、ABには詳しい解答をつける。
 また、側注をもうけて、確認する内容やアドバンスな事柄を解説する。
論理回路をはじめて学ぶ読者には、まさに最良の入門書である。
目次
1.数の体系と2進数
2.論理代数の定理1 -基本定理と論理の双対性-
3.論理代数の定理2 -ド・モルガンの定理とシャノンの展開定理-
4.論理関数の表現1 -式,表,図,グラフを用いた論理表現-
5.論理関数の表現2 -ゲートを用いた論理表現-
6.組合せ回路の最適化設計1 -2段論理最小化-
7.組合せ回路の最適化設計2 -クワイン・マクラスキ法-
8.組合せ回路の最適化設計3 -多段論理最適化-
9.組合せ回路の実際1 -代表的な組合せ回路-
10.組合せ回路の実際2 -算術演算回路-
11.順序回路の基礎1 -状態遷移と順序回路-
12.順序回路の基礎2 -ラッチとフリップフロップ-
13.順序回路の設計1 -順序回路の実例-
14.順序回路の設計2 -ハードウェア記述言語と論理合成-
15.順序回路の設計3 -デザインテンプレート-
著者略歴
飯田 全広(イイダ マサヒロ)
熊本大学 教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。