近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
何かが「ある」、それは「何」なのか――。 西洋哲学との接点を探りつつ、〈存在〉と〈本質〉をめぐるイスラーム形而上学の真髄を知らしめた一冊、待望の邦訳。 ▼『井筒俊彦英文著作翻訳コレクション』第三弾。 何かが「ある」、しかし、それは「何なのか」。存在と本質をめぐる哲学上最大の問いに挑み、イスラームの〈存在一性論〉哲学と、ギリシャ・スコラ哲学、ハイデガーやサルトルら現代実存主義といった西洋哲学との接点を探りつつ、イスラーム形而上学の深淵を世界に知らしめた一冊。 もとは講演として発表された四つの論文を平明、忠実に翻訳。 文献学的精密さと比較哲学的な方法論により、イスラーム形而上学を分析する世界的名著、待望の邦訳。
目次
序 Ⅰ イスラームにおける形而上学的思考の基本構造 Ⅱ 東西の存在主義 Ⅲ ワフダト・ウジュード(waḥdat al-wujūd)の分析  東洋哲学のメタ哲学に向けて Ⅳ サブザワーリー形而上学の根本構造  第一章 サブザワーリー形而上学の意義  第二章 存在の観念と存在の実在性  第三章 存在の概念  第四章 エッセンティアとエクシステンティアの区別  第五章 存在は何性に先立つ  第六章 存在は偶有か  第七章 存在の実在構造  解 説  監訳者あとがき  参考文献  索 引
著者略歴
井筒 俊彦(イヅツ トシヒコ)
井筒 俊彦  1914年、東京都生まれ。1949年、慶應義塾大学文学部で講義「言語学概論」を開始、他にもギリシャ語、ギリシャ哲学、ロシア文学などの授業を担当した。『アラビア思想史』『神秘哲学』や『コーラン』の翻訳、英文処女著作Language and Magic などを発表。  1959年から海外に拠点を移しマギル大学やイラン王立哲学アカデミーで研究に従事、エラノス会議などで精力的に講演活動も行った。この時期は英文で研究書の執筆に専念し、<i>God and Man in the Koran</i>, <i>The Concept of Belief in Islamic Theology</i>, <i>Sufism and Taoism</i> などを刊行。  1979年、日本に帰国してからは、日本語による著作や論文の執筆に勤しみ、『イスラーム文化』『意識と本質』などの代表作を発表した。93年、死去。『井筒俊彦全集』(全12巻、別巻1、2013年-2016年)。
鎌田 繁(カマダ シゲル)
鎌田 繁 東京大学名誉教授、日本オリエント学会前会長。イスラーム神秘思想・シーア派研究。
仁子 寿晴(ニゴ トシハル)
仁子 寿晴 同志社大学非常勤講師。イスラーム哲学・中国イスラーム思想。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。