近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
何かが「ある」、それは「何」なのか――。

西洋哲学との接点を探りつつ、〈存在〉と〈本質〉をめぐるイスラーム形而上学の真髄を知らしめた一冊、待望の邦訳。

▼『井筒俊彦英文著作翻訳コレクション』第三弾。

何かが「ある」、しかし、それは「何なのか」。存在と本質をめぐる哲学上最大の問いに挑み、イスラームの〈存在一性論〉哲学と、ギリシャ・スコラ哲学、ハイデガーやサルトルら現代実存主義といった西洋哲学との接点を探りつつ、イスラーム形而上学の深淵を世界に知らしめた一冊。

もとは講演として発表された四つの論文を平明、忠実に翻訳。

文献学的精密さと比較哲学的な方法論により、イスラーム形而上学を分析する世界的名著、待望の邦訳。
目次


Ⅰ イスラームにおける形而上学的思考の基本構造

Ⅱ 東西の存在主義

Ⅲ ワフダト・ウジュード(waḥdat al-wujūd)の分析
 東洋哲学のメタ哲学に向けて

Ⅳ サブザワーリー形而上学の根本構造
 第一章 サブザワーリー形而上学の意義
 第二章 存在の観念と存在の実在性
 第三章 存在の概念
 第四章 エッセンティアとエクシステンティアの区別
 第五章 存在は何性に先立つ
 第六章 存在は偶有か
 第七章 存在の実在構造

 解 説
 監訳者あとがき
 参考文献
 索 引

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。