近刊検索 デルタ

2018年1月20日発売

現代書館

「特別の教科 道徳」ってなんだ?

子どもの内面に介入しない授業・評価の実践例
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
道徳の教科化の問題点と、学校現場に及ぼす影響を整理し、問題点の指摘にとどまらず、どのような授業展開が望ましいか教科書に採用されている教材を実際に使った授業実践を紹介。内心に介入しない評価について提起する。
著者略歴
宮澤弘道(ミヤザワヒロミチ)
1977年、東京都生まれ。公立小学校教員。「道徳の教科化を考える会」代表。『季刊 福祉労働』編集委員(現代書館発行)。2015年2月、「道徳の教科化を考える会」を立ち上げ、学習会を主催しながらその問題点を整理中。
池田賢市(イケダケンイチ)
1962年、東京都足立区生まれ。中央大学文学部教員。共生や人権をめぐる諸課題について研究。専門は、フランスにおける移民の子どもおよび障害児への教育政策。著書に『フランスの移民と学校教育』(単著、明石書店、2001年)、『教育格差』(共編著、現代書館、2006年)他。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。