近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
伊勢崎藩は、藩校「学習堂」を設立した日本有数の教育藩。向学心で幾多の危機を克服。陣屋は現在の群馬県伊勢崎市。
伊勢崎藩は、慶長6年(1601年)に稲垣長茂が1万石を領したことに始まる。寛文2年(1662年)に廃藩となるが、天和元年(1681年)、4代将軍徳川家綱の下で大老を務めた酒井忠清の三男・酒井忠寛が兄・忠挙より2万石を分与され、前橋藩の支藩的な性格を帯びて伊勢崎藩が再立藩。その後、前橋藩の酒井氏は姫路藩に移封となり、伊勢崎藩は姫路藩の支藩的存在となった。藩政は初代藩主・酒井忠寛の時代に確立。その後、財政難に陥ったが、3代藩主・酒井忠温の藩政改革により再建された。浅間山大噴火による未曾有の大火災も乗り越え、絹織物産業を発展させた藩の物語!
著者略歴
栗原佳(クリハラスグル)
1989年、群馬県前橋市生まれ。群馬大学教育学部社会専攻。学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻。高校地理歴史科の教諭。群馬県立伊勢崎商業高校勤務を経て、群馬県立高崎女子高校に勤務。NPO法人歴史資料継承機構「じゃんぴん」会員。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。