近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
太平洋岸最北の城下町が育んだ豊かな文化と歴史!
南北朝時代から江戸時代初頭まで約300年間にわたって八戸地方を支配していた「根城南部氏」が、寛永4年(1627)、盛岡藩(10万石)初代藩主の南部利直の命令により遠野へ移封。盛岡藩2代目藩主南部重直が跡継ぎを決めずに急死後、重直の弟である南部重信と南部直房は、父利直の功績により、家名の存続を認められ、遺領10万石を分かち、8万石は重信に、残りの2万石は直房に与えられた。これにより、八戸藩2万石が誕生し、明治4年(1871)の廃藩置県まで207年間続く。現在の八戸市内丸に八戸城を構え、居城としたので、「八戸南部氏」と呼ばれる。
著者略歴
本田伸(ホンダシン)
1961年、青森県八戸市生まれ。弘前大学人文学部卒。専攻は日本近世史(絵図史及び境界論)。青森県立郷土館学芸課(主任研究主査)に勤務する傍ら、『青森県史』『八戸市史』『岩木町史』の編さんに関わる。著書『シリーズ藩物語 弘前藩』(現代書館)等。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。