近刊検索 デルタ

2018年2月1日発売

合同出版

マンガ入門 殺人ロボットが やってくる!?

軍事ドローンからロボット兵器まで
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
身近に使われているドローンが
戦争でも使われていることを知っていましたか。
いずれ戦場に“殺人ロボット”が登場するともいわれています。
「ロボット兵器って何?」という疑問から
テロや紛争の背景にある問題まで
アイとコウキの2人と一緒に考えてみませんか?
目次
第1章―身近にあるドローン
第2章―戦争で使われているドローン
第3章―ロボット兵器がやってくる
第4章―戦争「ハイテク化」の歴史
第5章―ロボット兵器 5つの問題点
第6章―なぜ、誰が、兵器を開発したがるの?
第7章―ロボット兵器をどう規制する? 国際社会の取り組み
第8章―ロボット兵器に反対する人びと
第9章―私たちにできること
著者略歴
川崎 哲(カワサキ アキラ)
ピースボート共同代表。1968年東京生まれ。東京大学法学部卒業、NPOピースデポ事務局長などを経て現職。2017年ノーベル平和賞を受賞した、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営委員を務める。恵泉女学園大学非常勤講師。日本平和学会、日本軍縮学会会員。
畠山 澄子(ハタケヤマ スミコ)
ペンシルベニア大学博士課程在籍、専攻は科学技術史。1989年埼玉生まれ。ケンブリッジ大学政治・社会学部卒業。ピースボート・スタッフ、アジア欧州財団・プロジェクトオフィサーなどを経て現在に至る。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。