近刊検索 デルタ

2017年10月10日発売

皓星社

シリーズ紙礫11 ダッチワイフ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
性欲処理の代用品か? それとも、最愛の恋人か? 人と人形の、愛と魂のありかを問う、前代未聞の「ダッチワイフ」アンソロジー。 ダッチワイフの前身である「竹夫人」から、ビニール製の空気注入式ダッチワイフ、美術品のような高級「ラブドール」まで。 おっぱい写真集『BREASTS 乳房抄』で話題をよんだ写真家・伴田良輔が、ダッチワイフの登場する小説・詩歌・脚本・漫画を精選、撰者による書き下しの小説も。
目次
巻頭歌 黒田和美 詩「竹夫人」角田竹夫 小説「和蘭妻」丸木砂土 小説「竹夫人」井上友一郎 脚本「荒野のダッチワイフ」大和屋竺 小説「青塚氏の話」谷崎潤一郎 小説「人形はなぜ作られる」北岡虹二郎 漫画「やけっぱちのマリア(抄)」手塚治虫 漫画「空気人形」業田良家 小説「恋は恋」津原泰水 小説「アリスマトニカ」伴田良輔 解説 伴田良輔
著者略歴
伴田良輔(ハンダリョウスケ)
伴田良輔(はんだ・りょうすけ) 京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科中退後、写真評論と美術評論を中心に活動。1986年『独身者の科学』でデビュー。以後、美術から数学、エロス、サイエンスまで幅広いジャンルを横断しながら、写真、版画、評論、翻訳、映画など多様な表現活動を行う。 女性の身体に焦点をあてた写真集に『エロティッシモ』(1997)、『鏡の国のおっぱい』(2003)、『HIPS 球体抄』(2012)がある。乳房写真集『BREASTS 乳房抄/写真篇』(2009)は大きな話題を呼んだ。 2010年、等身大ラブドールをヒロインにした短編映画「アリスマトニカ」を撮影。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。