近刊検索 デルタ

2018年1月31日発売

皓星社

色街旅情 紙礫EX

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
皓星社の新シリーズ「紙礫EX」が始動します! ! 好評いただいている弊社の異色のアンソロジー「シリーズ紙礫」。その編集方針は、文学が中心となっています。一方、「紙礫EX」では、文学のみならず、ルポルタージュから時評や評論、手記、そしてシナリオまで、掲載するテキストは何でもあり。バラエティ豊かなテキストを元に、ひとつのテーマを追いかけていきます。 紙礫EXの第一弾は、1980年代からエロの最前線を取材し続ける本橋信宏の編集による『色街旅情』。舞台は浅草、銀座、洲崎、新宿、花園町、沼津、住吉町、雄琴……。滅びつつある昭和レトロな色街を、味わい深い文章で旅する。笑いあり涙ありの人間模様をご堪能あれ。 カバーイラストは、昭和のムードを描き続けるイラストレーターの吉岡里奈さんです。
著者略歴
本橋 信宏(モトハシ ノブヒロ)
1956年、所沢市生まれ。著述家。早稲田大学政治経済学部卒。逍遙と実践による壮大な庶民史をライフワークとしている。著書に『東京最後の異界 鶯谷』、『上野アンダーグラウンド』『迷宮の花園 渋谷円山町』『全裸監督』など多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。