近刊検索 デルタ

2018年2月21日発売

小学館クリエイティブ

国立がん研究センターのこころと苦痛の本

こころと体のつらさを和らげるためにできること
国立がん研究センターのがんの本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
がんと生きるための、心と体の苦痛のケア

がん療養中・治療後の一日一日を穏やかにすごし、自分らしい生活をするために。
さまざまな心の苦しさや、がんの痛み、副作用のつらさなどをきちんとケアすれば、質のよい生活が送れます。本書では、がん患者の心のケアを行う「精神腫瘍科」の医師と、がんに派生する体の苦痛をケアする「緩和医療科」の医師の協力を得て、そうした問題の相談先、セルフケアの方法、専門的ケアの受け方などを紹介。実際の患者の事例も多く紹介します。
がんの痛みに耐えかねて「いっそ安楽死させてほしい」と言った著名人がいましたが、適切な緩和ケア、精神的ケアを受けられればそうした人は減るはずです。緩和ケアへのよくある誤解(終末期のもの、鎮痛用麻薬で中毒になる)を解き、早期からのケアについて紹介します。
・自分でできる、心や体のケアの方法
・心のケアの専門家と、専門的ケアについて
・体のつらさに対する緩和ケアと、早期からの緩和ケアの受け方
・さまざまな相談先について
・実際の患者さんの悩みと対処の事例
目次
基礎知識

(1)がんは深刻な「心の危機」でもある

(2) 緩和ケア」は終末期だけのものではない

(3) 大切なのはQOL(生活の質)

(4) 医療用麻薬はけっしてこわくない

第1章 さまざまなこころの苦痛と、その相談

(1)心の苦痛を測る、伝える

(2)がんの経過と、心の危機が生じやすい時期

コラム 余命の不安とACP(アドバンス・ケア・プランニング)

(3)経済的な問題、社会との関係

第2章 こころの悩みに対する方法

第3章 こころの苦痛と関連する、体の苦痛

第4章 実際の患者さんの事例から

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。