近刊検索 デルタ

5月25日発売予定

彩流社

ブロンテの真実と問題点(仮)

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「ブロンテに関する伝記的研究の多くが間違っている」
「副次的な出所、あてにならない証拠と、偽りの年代記を
あまりにも簡単に受け入れて、台無しになっている」と、
ブロンテ関係の研究を痛切に批判する著者が、
事実関係の中にブロンテ一家の作品を位置づけ、真実に迫る。

完全な形として出版されたことのない
シャーロット・ブロンテの散文詩を、原稿を再現して収録。

初期作品に言及することで、ブロンテ作品の新たな解釈を試みる!
目次
謝辞
まえがき
第一章 シャーロット・ブロンテとミスター・ロチェスター
第二章 テクストとメッセージ
第三章 ブロンテ初期の年代記
第四章 エミリの詩想
第五章 ゴンダル女王――サガか神話か
第六章 エミリ・ブロンテとシェリー
第七章 ブランウェルとポンデン・ホール
第八章 一巻本かそれとも二巻か
第九章 離反するふたご
――『ワイルドフェル・ホールの住人』へのみち
第十章 エミリ・ブロンテの詩におけるヴィジョンの発展
第十一章 エレン・ナッシーとブロンテ家の人々
訳者あとがき

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。