近刊検索 デルタ

2月15日発売予定

彩流社

ヴィクトリア朝小説における 女性使用人の表象(仮)

階下から読む8つの物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
英文学における「使用人文学」の系譜

その系譜の始まりを特定するのは困難だが、
18世紀以降での「使用人文学」の代表作・
サミュエル・リチャードソン『パメラ 報いられた美徳』から、
現代文学にもカズオ・イシグロ『日の名残り』や
マーガレット・フォスター『侍女』に
その片鱗をみることができる。

本書はチャールズ・ディケンズ、ブロンテ姉妹、
ダイナ・マロック・クレイク、トマス・ハーディの作品を
取り上げ、英文学のなかで物語られるイギリス社会に
存続する階級制度の歴史や、女性使用人の表象について
吟味する。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。