近刊検索 デルタ

2017年9月28日発売

彩流社

苦闘する地方政治家

町議会議員を志した広告マン
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
寒川町(神奈川県)議会議員・横手晃の
活動を通して地方政治家の存在意義を問う。

当選したときの天国と落選したときの地獄。
新聞記者だったということもあるが、
政治の世界を覗いてみようと考えた著者。
そのとき、懐かしいひとりの顔を思い出した。
それが横手晃だった。
疲弊する地方の政治。
まずは住民の「人口減少問題」に切り込む。
「これからは移住インセンティブの時代」と提言する横手。
彼を通して見えてくる地方政治の現況。
まさに政治は生活・暮らしに直結している。
目次
(第1章)夢

(第2章)選挙

(第3章)町議選

(第4章)投開票日

(第5章)本来無一物
著者略歴
北野 麦酒(キタノ バクシュ)
きたの・ばくしゅ 1958年大分県生まれ。 業界紙、経済誌の記者を経て、 現在はフリーランス記者として活動する。 その名のとおりビールをこよなく愛する左党である。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。