近刊検索 デルタ

2017年10月17日発売

彩流社

探査ジャーナリズムとNGOとの協働

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
3冊目の今回は、NGOとの連携がテーマ。

NGOは、世界中の紛争や人権侵害、開発・環境問題等に
取り組み、現地に入り込み定点的に現場と関わり続け、
人々の声を日本社会に伝え、問題を発信し、政策提言も
おこなってきた。いわばジャーナリズムが担う
役割の一端を担ってきたともいえる。
そうした市民組織と探査ジャーナリズムの
ニュース組織が連携することで、
主流メディアを超えた強力な力となって
ニュースを発信できる可能性がある。
岩波書店『世界』(9月号)でも、
特集「報道と権力」で、
本書の花田・渡辺両氏の記事が大きく掲載されています!

本書は、彩流社ブックレット内の
「ワセクロブックレット」第3弾となります。

「探査ジャーナリズムとは徹頭徹尾、「権力の監視」を
使命とする。尊厳が傷つけられ、侵され、
奪われている人々の状況を発掘し、直視し、
事実によってその現実をパブリックに向かって
暴露していくのだ」
目次
そこにある可能性:
NGO・NPOの台頭とジャーナリムズの弱体化
;花田 達朗

日本のジャーナリズムのパースペクティブ
;野中 章弘

ジャーナリズム・アクティビズム・アカデミズムの接続
;金 敬黙

ジャーナリズムとNGO・NPOとの連携を求めて
;金 敬黙・内海 旬子・渡辺 直子・渡辺 周

探査ジャーナリズムの強化と財源モデルの開発
;加地 紗弥香

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。