近刊検索 デルタ

1月22日発売予定

彩流社

マチルダ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『フランケンシュタイン』出版の翌年、
メアリー・シェリーが執筆したのは
父と娘の近親相姦を描いた小説だった。


娘に禁断の愛情を抱いた父、またそのような異常な愛を
引き起こし、さらには父を追い詰めてしまった娘、
その両者の激しい苦悶と悲劇が切々と綴られた本作は、
その内容からゴドウィンが原稿を預かったまま返さず、
1959年まで出版されなかった。
『フランケンシュタイン』や『最後のひとり』に次いで
読者を刺激し続けてきた、問題の多い作品の初邦訳!

さらに、シェリーが友人の娘のために執筆し、
その原稿が1997年に初めて見つかった
児童文学的短編小説『モーリス』の本邦初訳も付す。

『フランケンシュタイン』の作家の知られざる問題作!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。